youtubeで知る新しい音の世界

自分が好きな洋楽を繰り返し聞く。同じ曲でもオフィシャルで出しているものと、そうじゃないものでは映像が違います。オフィシャルであっても最初に出すバージョンと、後から出してくる場合はさらに凝った映像であることが多く楽しみの1つです。最初はシンプルバージョンで音がメインなものが、後から出してくるものは、まるで映画のように映像にストーリーがあるかのように作られているものも多いです。全てがそうだという訳ではありませんが、様々な映像を楽しみながら好きな曲を聴けるのがyoutubeの醍醐味です。自分の知ってる音や映像を探すことで、結果的に自分ではチョイスしないようなものに出会えたりします。youtubeの検索や関連動画から数多くの知らなかったアーティストや楽曲を知ることになるだけではなく、音楽ジャンルまでにも詳しくなっていきます。例えば、ハウスというジャンルがありますが、ハウスにも、テックハウス、ディープハウス、プログレッシブハウス、フューチャーハウス等、幅広いジャンルが存在します。そういう、本来自分では知ることさえなかったことも自然と出会ってしまうので、知らず知らずに音の世界が広がっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です